今号の特集はこちら

G619-828DM_720x_edited.png

農作業に使えるデニムのファーマーエプロン。

大山で農業を営む方々にご協力いただき、現場での作業性をデザインに反映させました。

裾に深めのスリットを入れて動きやすく、腰回りのポケットにはスマートフォンや貴重品が入ります。


そして大きな特徴は、エプロンの裾部分と腰の金具を繋げると大きな袋となること。


農作業の後に収穫したものを持ち帰る際や、急にいただきものをすることもあり、その場で袋になり役立つようになっています。


まさに大山での暮らしから出てきたアイデアを反映させました。

今回 “fukkoku project”によって、全国のデニム生地が集められ、糸になり、またデニム生地に再生されました。
完成したデニム生地は、しっかりとした厚みがあり、農作業はもちろん、ガーデニングやDIYなどアウトドアシーンで、頼れるエプロンが出来上がりました。

 

“fukkoku project”とは・・・

FUKKOKU.PNG

テーマは、「メイド・イン・わたしたち」
私たちからできる服。
再び想いを刻んでゆく。

さあ、私たちだけの大切な一着へ。
 

昨年夏頃に全国の拠点でデニムを回収し、およそ4000を超えるジーンズが集まりました。シゴト場カケルも、デニム回収拠点の一つとして協力。

集めたジーンズを再び糸に戻し、さらにデニム生地へと。そのデニム生地を活かし、回収拠点ともコラボアイテムを制作していくプロジェクトです。

繊維のまち岡山県倉敷市の株式会社ITONAMIが行っている、デニムを刻み、再び作るプロジェクト。

FUKKOKUでは、全国の拠点と協力し、みんなからデニム製品を回収し、粉砕して綿状に反毛、そこから糸をつくり、生地を織り上げました。

 

みんなが自分にとって特別な、愛着あるデニムを持つこと。それがこのプロジェクトのゴールです。

役目を終えた服たちが刻まれ、再び服となる。

「もう一度命を宿したい」という、個の意志が集まって、ひとりじゃ叶えられない、新しいものづくりの形を生む。

FUKKOKU2_edited.png
オンラインショップ
スライド1_edited.png
スライド1_edited.png

大山の暮らしからうまれた 
とっておきの専用着

スライド1_edited.png

ご購入について

取り扱い店舗